食事に気を付けてダイエットを

ダイエットの基本は、消費カロリーを摂取カロリーよりも増やすというものです。食べた食事以上に消費できれば、自然と体にたまったものを使うことになるため、ダイエットができます。

ですが、摂取カロリーだけを極端の落としたダイエットは、体調を損ねてしまうことになるため危険です。食事に気を付けてダイエットをすることが必要です。では、どのように気を付ければよいのでしょうか?ダイエットでやりがちな、自己流の極端な食事制限はしないことがまず大切です。必ず栄養バランスが取れた食事を基本として、少し炭水化物を減らし、炭水化物を減らした分タンパク質を増やすようにします。

このバランスで、全体として今まで食べていた食事量が10であれば、8~9程度の量に減らすようにします。ダイエットを始めた時に極端に減らしてしまうと長続きしにくくなりますので、段階的に減らしていくことがおすすめです。最初は9割程度、その食事に慣れてきたら8割程度に減らします。さらに適度な運動を組み合わせていけば、ダイエット効果は高まってきますのでお勧めです。

必ず栄養バランスを気を付けて、身体を損なってしまう栄養不良の状態にならないようにしていくことが重要になります。